FC2ブログ

川越市スキー連盟のブログ

川越市スキー連盟と川越のスキークラブの活動を紹介するブログです。現在はテスト版ですが、そろそろ、各クラブの皆さんにも積極的に参加して頂き、本格的に運用出来ればと思います。今年も頑張って行きましょう!!

Entries

埼玉県スキー連盟戸隠合同行事2019レポート

IMG_4520b.jpg

平成31年1月12日から14日まで、長野県の戸隠スキー場で恒例の「埼玉県スキー連盟戸隠合同行事」 が行われました。

埼玉県連の戸隠合同行事は以下のようになっています。

「指導者強化合宿・指導者研修会」
「公認検定員A・B・C級クリニック」
「スキー指導者養成講習会(指導員・準指導員受験)」
「チャレンジ戸隠(1・2級講習/テスト)」
「プライズ講習/テスト」
「スノーボード指導者(準指導員)養成講習会・スノーボード技術選手権大会予選」
「強化指定選手合宿」


我が川越からも役員他、各行事に多数参加しましたよ。

川越市連Hは、研修会(No4)に参加しました。


一日目

今年の戸隠は年が明けてからまとまった雪が積もったようで、とても良いコンディションでした。

雪不足のスキー場が多い中、広いゲレンデが全面オープンし、全てのコースが滑れたのは良かったです。
さすがに南斜面の中社の方はブッシュが出ていましたが、その他は全く問題ありませんでした。

IMG_4447b.jpg
メノウ山から見る戸隠山。
いつ見ても綺麗です。


研修会班は近年のテーマである「パラレル」「プルーク」「シュテム」の三本の矢の束ね方、そしてさらなる発展について理解を深めます。

IMG_4481b.jpg


Hの初日のお昼は蕎麦レストランとがくれ(旧公営食堂)の天ざるです。

IMG_4451b.jpg

1300円。隣のくえい食堂は海老1本ですが、とがくれのエビは2本です。細かいことですが大事です。(笑)
ちなみにとがくれは神社前の山口屋の支店です。



IMG_4489b.jpg

講習後は理論です。

2019年怒スキー指導者研修会テーマ
Ⅰ 初歩動作の指導の実践
Ⅱ 基礎パラレルターンへの指導の実践~三本の矢をどう束ねるか~
Ⅲ パラレルターンの指導の実践

いままでは「パラレル」「プルーク」「シュテム」の「3本の矢」それぞれのメソッドの研鑽を行って来ましたが、今年は初心者を基礎的なパラレルターンに導くために、臨機応変にやっていってもいいんじゃないか、という風に理解しました。
パラレルに導くには、三本の矢をまとめなくてもいい、たとえば上達が早ければどのように導いてもいい、という感じです。

3本の矢って確かに強いんですけど、弓で矢を射るには1本ずつしか射れないんですよね。


研修会も今後は単なる上意下達というスタイルではなく、講師と有資格者の実戦的交流の場になるということでした。

その他、SAJの資格登録のことなどいろいろな話がありましたが、Hが思うにSAJのための地域組織、クラブではなく、地域とクラブ、そして地域で頑張っているスキーヤーのためのSAJじゃなきゃいけないんじゃないかなと思いましたよ。
単に登録会員を増やすだけじゃいけないのでは・・。(個人的見解です)

インバウンド(外国からのお客さん)が増えるのはスキー場とスキー界にとっては(経済的に)いいことかも知れませんし、それにSAJが対応せねばと言うのはわかりますが、それと国内(地域)のスキーの普及と発展は少し違う問題のような気がします。
我々は、もっと国内の潜在的なスキーファン、リターン組、そしてスキーという楽しい遊びを知らない若い人たち、また子供たちにスキーの素晴らしさと楽しさを伝えるのが大事なんじゃないかなと思います。
そのためにはどうすればいいのか。そこを考える。地道に努力するのが大事なんじゃないでしょうか。(個人的見解です)


一日目の晩御飯。戸隠高原ホテルです。

IMG_4456b.jpg
昨年までと器が変わってますね。


晩御飯の風景。みなさん眠いはずなのにビールをよく飲みます。スキーヤーはお酒も好きです。

IMG_4457b.jpg


晩御飯の後はミーティングです。特別講師のお話。
今年も三郎さん、渡部三郎さんが来て下さいました。
またナショナルデモの竹田征吾さん、青木美和さんも特別講師として来て下さいました。

三郎さんのお話。テーブルに上がって。

IMG_4460b.jpg


青木美和さんもテーブルに上がって。自身の滑りの話、コツなどを教えて下さいました。

IMG_4463b.jpg


三郎さんと。
IMG_4458b.jpg

三郎さんと話をすると、技術や理論の話にはならず、雑談からつい映画「私をスキーに連れてって」の話になってしまいます。
昨年SALLOT(「私スキ」に出てくる架空のブランド)の板が発売になりましたが、3月上旬に志賀でそのSALLOTのイベントがあり、三郎さんも出席されるということでした。


二日目

今年の戸隠行事は三日間とも風がなく穏やかな天気に恵まれましたが、この中日が最も暖かかったです。

Hの今年のスキーは、そのSALLOTです。
製作は完全ハンドメイドの小森スキー。昨年までKEIスキーを作っていたところです。
小森さんといえば元KAZAMAスキーの技術者で、ワールドカップでスロベニアチームに帯同されていた方です。
今はニセコでスキー工房を開いて、KEIから離れ独自のブランドを立ち上げているところです。

IMG_4465b.jpg

さて昨年リアルなブランドとなった新SALLOT。今のところ板だけです。
写真を撮られたり、皆さんの注目の的でした。(笑)

板についてですが、サンドイッチ構造の板で、良い張りとしなりがあります。
軽い板で、重量感はありません。
メタルは入ってないみたいです。反発力はほどほどです。
とはいっても高速での安定性もあり、飛ばしても不安感はありません。

中級者から上級者を含めた幅広い層に合わせた設計だと思います。
ズレも作れるので、基礎でも使えると思います。
122‐75‐105 R14(165)。
プロポーションがウエストがやや太いです。

今年も夏前に新作の予約販売があるみたいなので、もし興味のある方は情報に注目してみて下さい。
値段は板のみ8.8諭吉でした。
小森スキーと考えれば安いと思います。
取り扱いはICI石井スポーツです。


ふと見ると某先生がこんなのを。

IMG_4504b.jpg


あれ、「私スキ」のワッペンが。

IMG_4505b.jpg


腕にも。

IMG_4506b.jpg

いいなあ~。


2日目の朝はデモンストレーションで始まります。
デモはほんとうに勉強になります。

IMG_4475b.jpg


急斜面の戸隠名物チャンピオンコース。

IMG_4485b.jpg

雪がまだ少ないので角度があります。

安全第一。スピードコントロールで降ります。


二日目もたっぷり滑りました。
おなかいっぱいです。


晩御飯(戸隠高原ホテル)です。

IMG_4494b.jpg


二日目の夜は懇親会です。

IMG_4498b.jpg


ビール、日本酒、ワイン・・・。

皆さんよく飲みます。

IMG_4500b.jpg



3日目

最終日は半日です。
研修班ですが、3日目はより実践的な講習でした。

IMG_4453b.jpg


ガンガン滑りましたよ。

IMG_4484b.jpg

個人的には肩、股関節、いろいろ課題がありました。

まだまだです。上手くなりません。


全日程が終わり閉会式です。

IMG_4534b.jpg

今年はプライズ講習/受験が多く、40名ほどの参加者があったとか。

結果は、残念ながらクラウンの合格者は無し。
テクニカルは15名中4名の合格者を出したそうです。おめでとうございます。

チャレンジ戸隠は、今年は2級はおらず、1級のみの受験者だったそうです。

14名受験で3名合格。

うち1名は我が川越の佐藤由希子さん(白銀隊)。まだまだ若いお嬢さん。
白銀隊でのクラブ受験では落とされたそうですが、リベンジで臨んだ戸隠受験で見事合格されたそうです。

IMG_4542b.jpg

佐藤さん、1級合格おめでとうございます!


最終日もお蕎麦です。
やはり、蕎麦レストランとがくれの、暖かいお蕎麦。

IMG_4535b.jpg
1300円。


帰りは1時に戸隠を出て、目立った渋滞はなく夕方には川越に到着出来ました。



役員の皆様、お疲れ様でした!
ありがとうございました!

また来年よろしくお願いします!


by H




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

川越市スキー連盟

Author:川越市スキー連盟
現在は平川@ティットが仮の管理人ですが、出来れば各クラブの方々にもパスワードを管理して頂き、いつでも誰でも写真や記事を投稿出来るように出来れば良いなと思っています。
管理・編集が簡単なのでブログにしてみました。ブログであれば携帯からでも閲覧・投稿が可能なのもメリットです。
<ご注意>
アップロードする写真のファイルサイズは500KBまでです。表示サイズは横480ピクセル以下、320ピクセル程度(QVGA)が好ましいようです。
■このブログを訪問して下さった皆様へ■
スキーを始めたい!スキー仲間と出会いたい!もっとスキーが上手くなりたい!という方はいらっしゃいませんか?
川越市には現在10のスキークラブがあり、多くのクラブが仲間を募集しています。興味のある方はコメント欄かメールでお問い合わせ下さい。
メール:mlife_mlife@yahoo.co.jp平川

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR